正受庵 〜建長寺塔頭

 

鎌倉市山ノ内にある建長寺塔頭である旧玉雲庵(ぎょくうんあん)で、現在は正受庵の看板が立っています。

 

ここ、情報量が少なくて、よく分からない。

禅宗である臨済宗を担っていた道鏡恵端禅師(通称正受老人)の禅堂正受庵。。。なのかもしれないです。

 

建長寺とNPO法人「日本語の美しさを伝える会」が主催する「建長寺 親と子の朗読会」(毎週土曜日:10時~11時)の会場となっているそうです。

回春院へ向かう道、半僧坊参道が分岐する五差路脇にあります。 かつて畑地だったことがよく分かります。

 

写真は、2018年3月27日の一人鎌倉散策の時のもの、Canon EOS 6D MarkII Canon 24-105mmF/4L IS II USMによるものです。

 

以下の写真は、Canon EOS Kiss x7による、2018年以前のものです。