回春院 〜建長寺塔頭

宗派 臨済宗建長寺派
山号・寺号 

幽谷山回春院

創建

-
開山(寺院を開創した僧侶) 玉山徳璇
開基(寺院を創立すること、それをした僧) -
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 文殊菩薩
住所 鎌倉市山ノ内67
アクセス 北鎌倉駅より徒歩20分
拝観時間 不明
拝観料 なし

 

建長寺塔頭で玉山徳璇(ぎょくさんとくせん)塔所、境内の大覚池は常に大亀が住すと伝えられています。

開祖の像のほか木造韋駄天像が安置されているそうです。

回春院の裏山は十王岩、約50穴からなる朱垂木やぐら群に通じているそうです。

 

作家葛西善蔵が建長寺塔頭宝珠院で暮らした時に、招寿軒の娘ハナが食事の世話などをしたそうで、小説『おせい』は、そのハナがモデルとなったものです。

で、回春院には葛西善蔵の墓があるそうですが、どこだろう?

コメント: 0