鎌足稲荷社 〜藤原鎌足所縁の神社

 

鎌倉の名の由来になった浄妙寺横に在する社です。浄妙寺入り口右横の坂を登っていきます。

 

藤原鎌足は、中大兄皇子(のちの天智天皇)に仕えて、藤原姓を賜られ、のちに摂関政治を行った藤原氏の祖先、日本史で習いましたね。甘縄神明神社を創建した染谷時忠は鎌足の子孫、長谷寺開基の藤原房前は鎌足の孫と言われています。

 

鎌倉を訪れた鎌足は、夢のお告げによって「鎌槍」(「鎌倉」ではない)をこの地に埋め祠を営んだと言われていて、浄妙寺の鎌足稲荷の始まりと伝えられています。

 

祠の奥に小さなやぐらがあります。