浄妙寺 〜鎌倉五山第五位

宗派 臨済宗建長寺派
山号・寺号  稲荷山浄妙寺

創建

文治四年(1188年)
開山(寺院を開創した僧侶)

退耕行勇(たいこうぎょうゆう)

開基(寺院を創立すること、それをした僧) 足利義兼
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 釈迦如来
住所 鎌倉市浄明寺3-8-31
アクセス 鎌倉駅東口より徒歩30分
拝観時間 9時〜16寺半
拝観料 100円

 

鎌倉五山第五位の浄妙寺です。

地名は浄明寺、本堂左手に浄妙寺の鎮守である熊野神社、右手に鎌足稲荷神社があります。

 

境内にある「石窯ガーデンテラス」は洋館を改装して作られたカフェ&レストランで、四季折々の庭を眺めながら、焼きたての石窯パンやおいしいお茶・お食事を味わえるそうです。 そもそも浄妙寺に入る道の脇にでかい駐車場がありますが、これ、「石窯ガーデンテラス」用なんですよね。

 

室町時代は境内に23の塔頭を持つ大寺院でしたが、現在は総門、本堂、客殿、庫裡が残っています。

本堂奥、鎌足稲荷神社は鎌倉の地名の由来になったとされています。

 

鎌倉十三佛霊場 第二番札所 二・七日忌・初江王

鎌倉三十三観音霊場 第九番札所

鎌倉五山 第五位

 

写真は、Canon EOS 6D MarkII Canon 24-105mmF/4L IS II USMによるものです。

2018年1月29日に参拝してきました。

 

蝋梅が香り高く咲いていました。

 

足利尊氏の父・足利貞氏の墓・宝篋印塔です。

 

石窯ガーデンテラスです。

この日はお休みでした。

 

石窯ガーデンテラスの右奥にあります。

 

以下の写真は、Canon EOS Kiss x7による、2018年以前のものです。

山門手前に、鎌倉五山であることを示す石塔があります。


境内は非常に広く、四季を通じて花々・木々・紅葉などを楽しむことができます。


境内は広く、落ち着いた雰囲気です。

松の木が見事です。

 

天正年間(1500年代)に僧が一同に茶を喫したのが喜泉庵で、平成三年に復興・開席し抹茶を喫することができるそうです。

庭園はスギゴケを主とした枯山水(水を用いずに、一般的には白砂で水面を表現する庭)です。

 

境内の墓所には、足利尊氏の父・足利貞氏の墓・宝篋印塔(ほうきょういんとう)があります。

 

石窯ガーデンテラス奥に、足利直義(ただよし・足利尊氏の弟)の墓とあるやぐらがあり、周りの竹林が墓を守るように空高くそびえています。大休寺跡か延福寺跡ですね。

 

鎌倉十三佛と鎌倉三十三観音の御朱印です。

参拝前に、入り口で御朱印帳を預け、参拝後に受け取ります。


 

この地図は、鎌倉十三佛のお寺をマークしています。

 

この地図は、鎌倉五山のお寺をマークしています。

 

この地図は、鎌倉三十三観音のお寺をマークしています。