甘縄神明神社 〜鎌倉最古の神社〜

 

喧騒の長谷寺から徒歩5分ほど(Woof curryを道路を挟んだ道を進みます)のところにある神社です。

僧行基の草創により由比の長者と言われた藤原鎌足の子孫、染谷太郎時忠が和銅三年(710年)に、山上に神明宮を開き、麓に神輿山円徳寺を開いたことに始まる鎌倉最古の神社と言われています。行基は、734年に鎌倉最古の寺院である杉本寺も開いています。

 

正面入り口の鳥居です。手前左手には、川端康成記念会があります。彼の長編小説、「山の音」にはこの神社のことも書かれています。 

 

源頼朝の乳母比企尼の娘である丹後局を妻とし、伊豆配流中の頼朝を援助し、頼朝と北条政子との間をとりもったと言われ、甘縄に館があったとされる安達盛長のことが記されています。 

 

左手に長谷区の戦没者の英霊を慰める鎮魂塔、そして手水場があります。

 

手水場の後ろに建つ万葉歌碑です。

 

石段手前には、北条時宗の産湯の井があります。

 

石段を登ると、正面に社殿があります。社殿の後ろに本殿があるのですが、本殿に入ることはできません。

 

社殿です。

 

社殿(左側)から本殿を見るとこんな感じです。

 

左手には、五所神社があります。

 

右手には幾つかの碑、そして秋葉神社に続く、苔生した石段があります。

 

石段を登りきったところに可愛い御賽銭箱のある秋葉神社があり、その左手から本殿を見ることができます。

ちなみに、可愛いお賽銭箱は五所神社のところにもありましたね。 

 

秋葉神社の方面から見た本殿です。

 

本殿は社殿とつながっているのですが、なぜか立ち入り禁止です。 

 

秋葉神社右手にあるこの右手の鳥居をくぐって山頂を目指しますが、道らしきものはありません(笑)。

 

険しい山道の途中にある祠です。

 

山のほぼ頂上から見える海です。ここまで登るのは中々大変(笑)。