黄梅院 〜円覚寺塔頭

宗派 臨済宗円覚寺派
山号・寺号 

伝衣山黄梅院

創建

文和三年(1354年)
開山(寺院を開創した僧侶) 夢窓疎石
開基(寺院を創立すること、それをした僧) 響庭氏直
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 千手観音菩薩坐像
住所 鎌倉市山ノ内428
アクセス 北鎌倉駅より徒歩7分
拝観時間 8時〜17時(11月〜3月は16時まで)
拝観料 なし

 

円覚寺の塔頭で、夢窓疎石(むそうそせき)の塔所で、夢窓派の関東における拠点です。

門弟の方外宏遠(ほうがいこうえん)が1354年(文和3年・正平9年)に開創しました。

後に足利義詮の遺骨が分骨され、足利氏の菩提寺の性格も帯びたそうです。

 

円覚寺の一番奥、佛日庵を超えた先にあります。 

コメント: 0