蛭子神社(ひるこじんじゃ) 〜小町の鎮守

 

蛭子神社は「ひるこじんじゃ」と読みます、「えびすじんじゃ」ではありません。

小町の鎮守です。

 

明治の神仏分離で、本覚寺にあったという夷堂がここに遷され、元々この地にあった七面大明神と宝戒寺にあった山王大権現を合祀して蛭子神社となったそうです。

夷堂は本覚寺に再建されています。

 

写真は、2018年3月13日の一人鎌倉散策の時のもの、Canon EOS 6D MarkII Canon 24-105mmF/4L IS II USMによるものです。

 

以下の写真は、Canon EOS Kiss x7による、2018年以前のものです。