本覚寺 〜小町の日蓮宗のお寺

宗派 日蓮宗
山号・寺号  妙巌山(みょうごんざん)本覚寺

創建

永享(えいきょう)8年(1436年)

開山(寺院を開創した僧侶)

日出(にっしゅつ)

開基(寺院を創立すること、それをした僧) 足利持氏
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 釈迦三尊
住所 鎌倉市小町1-12-12
アクセス 鎌倉駅東口より徒歩10分
拝観時間 特になし
拝観料 無料

 

鎌倉十三佛霊場 第三番札所 三・七日忌・宋帝王

鎌倉・江ノ島七福神 夷尊神

 

本覚寺のこの場所は、幕府の裏鬼門にあたり、源頼朝が鎮守として夷堂(えびすどう)を建てた所と言われています。

この夷堂を、日蓮が佐渡配流を許されて鎌倉に戻り、布教を再開した際に住まいにしたと伝えられています。

十月は「人形供養」、正月は福娘がお神酒を振舞う「初えびす」で賑わうそうです。

 

楼門作りの仁王門です。

 

夷堂です。年末だとこんな感じ。

 

夷堂内部です。

 

本堂です。

 

鐘楼です。

 

日蓮聖人の分骨堂です。

 

分骨堂手前には、しあわせ地蔵があります。

 

鎌倉十三佛、鎌倉江ノ島七福神の御朱印です。


 

この地図は、鎌倉十三仏のお寺をマークしています。

本覚寺は鎌倉駅から徒歩で10分位ですね。

 

この地図は、鎌倉・江ノ島七福神の寺社をマークしています。