鶴岡八幡宮

  

鶴岡八幡宮です。

康平6年(1063年)源頼義が奥州を平定し鎌倉に帰り、材木座に源氏の氏神として八幡宮をお祀りしたのが始まりです。

その後、源頼朝公が鎌倉に入るや直ちに現在の地に遷し祀り、建久2年(1191年)には上下両宮の現在の姿に整えられました。

現在の建物は、文政11年(1828年)造営で流権現造りの代表的な江戸建築です。

若宮(下宮)は、寛永元年(11624年)に修復したものもで、上宮とともに国の重要文化財に指定されています。

 

まずは、段葛の終わり、鶴岡八幡宮の入り口、三の鳥居から。

 

一礼してから三の鳥居をくぐると太鼓橋があります。

 

源氏池(鳥居から向かって右が源氏池で左が平家池、合わせて源平池ですね)から鶴岡幼稚園を臨みます。

 

旗上弁財天社入り口です。

 

旗上弁財天社奥にある、政子石です。

ちょっと前までは、この「政子石」の札はなかったですよね、きっと、色々な人に尋ねられて、「こりゃ札があったほうがいいな」となったのでしょう。で、なかった時と、今の写真。

 

流鏑馬馬場南側にある鎌倉文華館鶴岡ミュージアムです。

きちんと時間をとって、ゆっくり観たいところですね。

 

流鏑馬馬場です。

 

流鏑馬馬場右手に、源氏池休憩所があります。

源氏池休憩所から見た旗上弁財天社です。

 

源氏池休憩所前にあるさざれ石です。

 

流鏑馬馬場をさらにまっすぐ行くと、静桜と実朝桜があります。

 

流鏑馬馬場横にある鶴岡幼稚園を右手に見ながら、鳥居をくぐると、畠山重忠邸址の碑があります。

 

流鏑馬馬場を反対方向に、西の鳥居付近のトイレの前にある「よじべえ石」です。

看板も何もないので、知らないとただのでかい石ですね。

元々、材木座海岸の沖にあり関東大震災で海底が隆起して現れた大石で、その場所は漁師の網が切られたり、泳いでいる子どもが引き込まれたりして魔の場所として知られていたそうです。

で、何で「よじべえ」かというと、山口県下関市の関門海峡の大瀬戸に暗礁があり、死の瀬と言われていて場所が与次兵衛ヶ瀬という地名だったことから、謂れがおなじということで、「よじべえ石」と名付けられたそうですよ。

 

手水舎です。誰もいないのは、中々珍しくないですか(笑)?

 

手水舎左手奥にある祖霊社です。

祖霊社は氏子崇敬者の祖霊と護国の英霊とをお祀りするために、戦後創建されたお社だそうです。

誰もいません。本当にここ、鶴岡八幡宮か?と思ってしまいます。

 

舞殿です。

 

若宮です。仁徳天皇・履中天皇・仲姫命・磐之媛命をお祀りしているそうです。

 

大石段の左右にある、笑っているように見える狛犬です。

 

親銀杏と子銀杏です。

 

古神札納め所です。本宮を正面に見て、左手にあります。古いお札などをこちらに納めます。

 

大石段です。

 

本宮(上宮)です。

 

本宮左、武内社です。武内宿禰命をお祀りしています。延命長寿のご利益があるそうです。

 

丸山稲荷です。八幡宮の中では最も古い室町期の建物だそうです。

 

菅裸馬の実朝の句碑です。菅裸馬(菅礼之助)は源実朝の研究者としての実績も残した俳人だそうで、白旗神社手前にも実朝を偲ぶ句碑があります。 菅裸馬の提唱によって1927年から実朝忌俳句大会が始められたそうで、その記念として昭和36年にこの碑が建立されたそうです。

 

鶴亀石です。水で洗うと鶴や亀のような輝きを出すと伝えられる名石だそうです。

 

由比若宮逢拝所です。八幡宮の本宮である由比若宮を遥拝するところだそうです。

 

若宮と白旗神社の間にある柳原神池の前に立つ柳原の碑です。神池は6月上旬の蛍放生祭で蛍が放たれ、例大祭期間中の9月16日は鈴虫が放生されるそうです。

 

白旗神社です。頼朝公・実朝公をお祀りしてあります。

 

鎌倉国宝館への参道です。

 

鎌倉国宝館です。

 

鎌倉国宝館前にある、源実朝の歌碑です。

「山はさけうみはあせなむ世なりとも君にふた心わがあらめやも」とあるそうですが、遠くて分からん(笑)。

この碑は、関東大震災で倒壊した二の鳥居の柱が使用されているそうです。

三代将軍源実朝は、歌人としての才能を発揮し、その名を世に残しました。『金槐和歌集』は、実朝が編纂した歌集です。


鶴岡八幡宮を、ヘリから撮ってみました。

 

2019年8月8日、ぼんぼり祭り。

この日は立秋祭でした。

 

流鏑馬馬場もぼんぼりです。

 

鶴岡八幡宮の御朱印です。

書き手によって全然違うんですよね、こちらは年配の宮司さんに書いていただいたものです。

もう一つは、鎌倉江ノ島七福神です。


 

この地図は、鎌倉 神社をマークしています。