千手院 〜光明寺塔頭

宗派 浄土宗
山号・寺号  天照山千手院

創建

-
開山(寺院を開創した僧侶)

-

開基(寺院を創立すること、それをした僧) -
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 阿弥陀如来 
住所 鎌倉市材木座6-12-8
アクセス 鎌倉駅東口より徒歩25分
拝観時間 特になし
拝観料 無料

  

鎌倉三十三観音霊場 第二十番札所 千手観世音

ご詠歌 かづかづの のぞみもとむる もろひとの ねがひをはたす ちかひをぞきく

 

光明寺の山門の左手、光明寺の塔頭(たっちゅう)の千手院です。

千手院は光明寺の僧坊(寺院に付属する僧侶の住む建物)だったと伝えられていて、学僧の修行道場として栄えたそうです。

境内の銀杏の乳柱がとても不思議な雰囲気を出しています。


鎌倉三十三観音の御朱印です。

 

この地図は、鎌倉三十三観音のお寺をマークしています。