黙仙寺 〜岡本の曹洞宗のお寺

宗派 曹洞宗
山号・寺号  無我相山黙仙寺

創建

明治四十二年(1909年)
開山(寺院を開創した僧侶) 日置黙仙禅師
開基(寺院を創立すること、それをした僧) 浜地八郎
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 釈迦牟尼仏
住所 鎌倉市岡本1-4-1
アクセス 大船駅より徒歩5分
拝観時間 9時〜17時
拝観料 無料

 

大船観音のすぐ北側の山上にある曹洞宗のお寺です。山の名前は無我相山、境内は桜の名所として知られているそうです。  

1909年(明治42年)に、浜地八郎という人物が、自らの信仰する金剛経を広めるために、曹洞宗の総本山永平寺管長日置黙仙禅師を開山に迎えたもので、静岡県にあった祐昌寺という寺を移し、本堂に釈迦牟尼仏を安置したそうです。