大船観音寺 〜大船の曹洞宗のお寺

宗派 曹洞宗
山号・寺号 

仏海山大船観音寺

創建

昭和五十六年(1981年)
開山(寺院を開創した僧侶) 大本山総持寺貫首乙川瑾瑛
開基(寺院を創立すること、それをした僧) 岩本勝俊
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 聖観音
住所 鎌倉市岡本1-5-3
アクセス 大船駅西口より徒歩10分
拝観時間 9時〜17時(冬季は16時まで)
拝観料 大人300円、小人100円

 

横須賀線で藤沢駅から大船駅に向かう途中、左手に見える大船観音が有名な、昭和に建立された曹洞宗のお寺です。 

大船観音の高さは約25m、幅は約19メートルで、着工は1929年(昭和4年)、戦争で一時中断後、1954年(昭和29年)に曹洞宗の管長である高階瓏仙(たかしなろうせん)禅師が中心となり、財界人らの協力のもと、大船観音協会が設立されるに至り、1960年(昭和35年)に設立されたそうです。

 

神奈川県の鶴見にある曹洞宗の大本山總持寺(そうじじ)の末寺になったのは1981年(昭和56年)のことです。

 

観音菩薩様の中です。

コメント: 0