帰源院 〜円覚寺塔頭

宗派 臨済宗円覚寺派
山号・寺号 

-

創建

永和四年(1378年)頃
開山(寺院を開創した僧侶) 傑翁是英
開基(寺院を創立すること、それをした僧) 北条氏康(中興)
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 傑翁是英
住所 鎌倉市山ノ内416
アクセス 北鎌倉駅より徒歩4分
拝観時間 原則的に一般拝観不可
拝観料 -

 

円覚寺の塔頭、円覚寺三十八世傑翁是英(けつおうぜえい)(仏恵禅師)の塔所です。

円覚寺に入ってすぐの右手急坂を登ると、突然左手に現れます。

 

境内には、夏目漱石の句碑「仏性は白き桔梗にこそあらめ」が立っているそうです、門の中に入ったことないから見たことないけど。

漱石は明治二十七年(1894年)の何末から翌年初めくらいにかけてこちらに参禅していて、この時の体験を後に小説「門」に著しました、「門」では一窓庵と言う名で書かれています。

 

写真は、2018年6月19日の一人鎌倉散策の時のもの、Canon EOS 6D MarkII Canon 24-105mmF/4L IS II USMによるものです。

 

写真は、2018年3月27日の一人鎌倉散策の時のもの、Canon EOS 6D MarkII Canon 24-105mmF/4L IS II USMによるものです。

 

以下の写真は、Canon EOS Kiss x7による、2018年以前のものです。

2016年1月1日に行きましたが、門前はこんな感じになっていました。

 

通常は、こちらですね。

 

中には入れないので、周りの風景などなど。

 

ちょっとだけ中を覗かせていただきました。一歩も入っていません。

 

以下は、2016年4月23日に参拝した時の写真です。

緑が濃く、鮮やかです。

中に入りたいなぁ。。。

 

以下は、2016年5月14日に参拝した時の写真です。

円覚寺の最後はいつもここです。

 

この日は天気も良く、気持ちの良い散策でしたね。

 

以下は、2017年1月4日に参拝した時の写真です。

 

1月4日のこの日・この時間は誰も参拝者がおらず、とても静かでしたが、後ろの樹木のあたりでガサガサ音が。

栗鼠が出てきて挨拶してくれました。

 

以下の写真は、2017年7月12日に参拝した時のものです。