帰源院 〜円覚寺塔頭

宗派 臨済宗円覚寺派
山号・寺号 

-

創建

永和四年(1378年)頃
開山(寺院を開創した僧侶) 傑翁是英
開基(寺院を創立すること、それをした僧) 北条氏康(中興)
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 傑翁是英
住所 鎌倉市山ノ内416
アクセス 北鎌倉駅より徒歩4分
拝観時間 原則的に一般拝観不可
拝観料 -

 

円覚寺の塔頭、円覚寺三十八世傑翁是英(けつおうぜえい)(仏恵禅師)の塔所です。

円覚寺に入ってすぐの右手急坂を登ると、突然左手に現れます。

 

2019年1月2日、参拝に訪れたのですが、こちらは常に門が閉ざされています。

ところが、この日、何と、門が開いていました!何回訪問したか覚えていないくらいだけど、初めて。。。(涙)。

境内にはどなたもいらっしゃらなかったけれど、静かに参拝、漱石の句碑もしっかり見てくることができました。

 

境内にある夏目漱石の句碑「仏性は白き桔梗にこそあらめ」です。

漱石は明治二十七年(1894年)の何末から翌年初めくらいにかけてこちらに参禅していて、この時の体験を後に小説「門」に著しました、「門」では一窓庵と言う名で書かれています。