厳島神社

 

成福寺背後の山(亀甲山)にある小袋谷の鎮守です。

もともと八幡さまが祀られていたところで、成福寺の鬼門除けの宮でした。

関東大震災で崩壊したため、昭和になって、吾妻社、弁天社と合祀され、厳島神社として現在地に移されたのだそうです。

鳥居の先にある石造庚申塔は舟型の塔で、上部に阿弥陀・観音・勢至の種子が刻んであり、阿弥陀三尊の種子をつけた庚申塔としては鎌倉で最も古いものだそうで、鎌倉市指定有形民俗資料です。

成福寺山門を出て左、すぐ横の道を入ります。

 

ちゃんと書いてあります(笑)。これがないと、ただの古い庚申塔で終わりますね。

 

庚申塔を左に、さらに進み石段を登ります。

 

山道から。右手に成福寺が見えます。