来迎寺 〜材木座の時宗のお寺

宗派 時宗藤沢清浄光寺末
山号・寺号  随我山来迎寺

創建

建久5年(1194年)
開山(寺院を開創した僧侶)

音阿上人

開基(寺院を創立すること、それをした僧) -
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 阿弥陀三尊
住所 鎌倉市材木座2-9-19
アクセス 鎌倉駅東口より徒歩18分
拝観時間 9時半〜16時半
拝観料 無料

  

鎌倉三十三観音霊場 第十四番札所 聖観世音

ご詠歌 たちいにも 念仏のこえを たづねつつ むかうる慈悲の ふかきみほとけ

 

1335年(建武2年)に開山となる音阿が時宗に改宗したそうです、ちなみに、西御門の来迎寺も時宗ですね。

材木座にある時宗の来迎寺(同名の寺院が西御門にあります)は、1194年(建久5年)に源頼朝が三浦大介義明の菩提を弔うために建立した能蔵寺(真言宗でした)が始まりとされています。

三浦大介義明(「だいすけ」ではなく「おおすけ」)は、源氏累代の家臣として源頼朝の父である源義朝を助け、子の義澄とともに保元・平治の乱でも義朝に従い戦った武将で、娘のひとりは義朝の側室ともなったそうです。

後に頼朝が挙兵すると即参戦、石橋山の戦いで頼朝が敗戦すると、衣笠城に篭城し、畠山重忠らが率いる平氏勢に攻められると子の義澄ら一族を逃し独り奮戦の後敗死したと伝えられています。そりゃ、弔いますよね。

 

三浦大介義明公の墓と臣下の多々良三郎重春公の墓は、入って右手にあります。

  

奥には三浦大介公家来の墓があるのですが、仕切りがあって、入るのにちょっとためらいます。 

でもわざわざ矢印付きの案内板があるのですから、入っても大丈夫なはず、で、入りました(笑)。

 

さて、入り口です。ここを右に入っていきます。


鎌倉三十三観音の御朱印です。

 

この地図は、鎌倉三十三観音のお寺をマークしています。