覚園寺 〜黒地蔵

宗派

真言宗泉涌寺派(せんにゅうじは)

山号・寺号  鷲峰山(じゅぶせん)真言院覚園寺

創建

永仁四年(1296年)
開山(寺院を開創した僧侶)

智海心慧(ちかいしんえ) 

開基(寺院を創立すること、それをした僧) 北条貞時
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 薬師如来
住所 鎌倉市二階堂421
アクセス 鎌倉駅東口より徒歩30分
拝観時間 10時〜15時の1時間ごとに案内
拝観料 500円

 

仏教彫刻の多彩さは鎌倉でも有数の覚園寺です。

健保六年(1218年)、北条義時が建立した大蔵薬師堂が前身と言われています。

地蔵堂には黒地蔵の名で親しまれている木造の地蔵菩薩立像などが安置されています。

 

鎌倉十三佛霊場 第十一番札所 蓮上王 七回忌

鎌倉二十四地蔵尊 第三番札所 黒地蔵尊


こちら覚園寺では、住職が拝観の案内をしてくださいます。

 

以下は、2017年1月19日、自分の誕生日の日に参拝した時の写真です。

覚園寺に通じる参道にある道標です。

鎌倉宮の横といったほうが正しいかも。

 

鎌倉十三佛、鎌倉二十四地蔵尊の御朱印です。


 

この地図は、鎌倉十三佛のお寺をマークしています。

 

この地図は、鎌倉二十四地蔵尊のお寺をマークしています。