常楽寺 〜鎌倉三名鐘

宗派 臨済宗建長寺派
山号・寺号  粟船山常楽寺

創建

嘉禎(かてい)三年(1237年)
開山(寺院を開創した僧侶)

蘭渓道隆

開基(寺院を創立すること、それをした僧) 北条泰時
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 阿弥陀三尊
住所 鎌倉市大船5-8-29
アクセス 大船駅より徒歩20分
拝観時間 9時〜16寺半
拝観料 無料

 

こじんまりしたお寺ですが「鎌倉通ならここだろう」という素敵な歴史のある、実に雰囲気のいいお寺です。

 

鎌倉幕府第三代執権、北条泰時が義母のため1237年(嘉禎3年)に創建した粟船御堂が始まりだそうです。

※北条泰時のお墓が裏手にあります。

禅宗の祖蘭渓道隆、蘭渓道隆は建長寺を開山しましたが、その前五代執権北条時頼に招かれ入ったのがこの常楽寺です。

鎌倉三名鐘の一つである常楽寺の梵鐘は鎌倉最古の梵鐘、現在は鎌倉国宝館に寄託されているそうです。

 

常楽寺仏殿天井の、狩野雪信作の目に瞳が描かれていない「雲龍」があります。

 

 

本堂前の蘭渓道隆お手植えとされる大銀杏です、本当に大きいです。

 

本尊阿弥陀三尊像です。

 

本堂裏手の墓地です。

 

北条泰時公のお墓です。