浄光明寺 〜扇ガ谷の真言宗のお寺

宗派 真言宗泉涌寺(せんにゅうじ)派
山号・寺号  泉谷山浄光明寺

創建

建長三年(1251ねん)
開山(寺院を開創した僧侶)

真阿(真聖国師)

開基(寺院を創立すること、それをした僧) 北条長時
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 阿弥陀三尊 
住所 鎌倉市扇ガ谷2-12-1
アクセス 鎌倉駅西口より徒歩15分
拝観時間 10時〜12時、13時〜16時
拝観料 境内無料・収蔵庫200円

 

源頼朝の願いで文覚上人が立てた堂が始まりと伝えられる浄光明寺です。

皇室の菩提寺として知られる京都東山の泉湧寺の末寺として準別格本山の寺格が与えられているそうです。

こちらの十三佛の御朱印は見事です。

 

鎌倉十三佛霊場 第九番札所 都市王 一周忌

鎌倉三十三観音霊場 第二十五番札所

鎌倉二十四地蔵尊 第十六番札所 網引地蔵尊・第十七番札所 矢拾地蔵尊

 

2018年4月14日、浄光明寺に参拝してきました。

一番の目的は、鎌倉まつりの最中に公開される多宝寺長老覚賢の五輪塔、3m近くある五輪塔です。

 

浄光明寺の東は、もともと多宝寺というお寺があったそうです。

江戸時代にはすでに詳細が不明になっていたそうで、五輪塔も極楽寺開山の忍性のものと考えられていました。

1976年の修復の時に、見つかった銅製の骨壺に、多宝寺覚賢長老の遺骨である旨が彫られていて、1306(嘉元4年)に入滅した多宝寺の長老覚賢の五輪塔であることが判明したのだそうです。

 

五輪塔の下一帯は、多宝寺趾やぐら群があるのですが、道もなく、かなり危険な所とのこと、来年チャレンジですね。

 

それでは巡って参りましょう。

 

ちゃんと入り口に案内が出ていました、安心(笑)。

 

石段を上り、200円の参拝料を払います。

客殿、収蔵庫の間に入って覗くと、様々な碑があります。

 

何気なく撮った一枚ですが、どうも右側が北条(赤橋)守時の墓らしいです。

守時は、新田義貞が北条氏を倒すため鎌倉に押し寄せた時、洲崎で激しい戦いが行われ、新田軍に押し込まれた結果、切腹した武士。

足利尊氏の妻の兄だったそうです。

北条氏とゆかりのあるお寺なので、こちらにお墓があるのでしょうか。

 

登る手前に説明文がありました。

 

網引地蔵の前を通り、さらに上に進みます。

 

冷泉為相の墓まで来ました。

鎌倉まつりの時だけ右の門が開いていて、ここからさらに登っていきます。

「足腰弱い奴は気をつけろよ」の案内があります。

 

門を抜けてすぐの左手にやぐらがあります。

小さな石塔がいくつもあります、子供の?

 

石畳の引かれたゆるい山道をゆっくりと登っていきます。

 

右下にちらりと五輪塔が見えます。

 

急な下りを進むと。。。

 

ドカンと五輪塔が出現します。

 

横に立つとこんな感じ、大きいですよね。

 

山の間に小さなやぐらを発見しました。

この左下あたりに多宝寺趾やぐら群があるのでしょう。

 

山道を戻って、境内を散策して、辞しました。

 

2018年2月10日に参拝してきました。

この日は土曜日で、山の上まで拝観できました、有料だけど。

ちなみに拝観日は、木・土・日・祝日の雨天多湿でない日です。

 

写真は、Canon EOS 6D MarkII Canon 24-105mmF/4L IS II USMによるものです。

 

楊貴妃観音像です。

浄光明寺は、京都東山の泉湧寺の末寺で、その泉湧寺から贈られたものだそうです。

 

 

山頂に向かう案内です。

なお、阿弥陀三尊像は写真撮影禁止です。

 

阿弥陀堂・仏殿です。

 

仏殿内の三世仏(過去、現在、未来の釈迦如来)です。

こちらは撮影OK。

 

観音堂です。

奥に見えるのが、阿弥陀三尊を拝むことができる収蔵庫です。

 

収蔵庫の裏にはこんなものがあります。

 

収蔵庫・観音堂と仏殿の間の道を通り、山の上に向かいます。

滑りやすいので要注意。

 

石段の手前にはこんなの像があります。

 

ちょっと開けた平地の奥に網引地蔵(石造地蔵菩薩坐像)があります。

鎌倉二十四地蔵の一つです。

 

さらに左から廻ると山の上に冷泉為相の墓があります。

 

お墓の奥にありました、何だろう。

入れなくなっていましたけど。

 

戻って、平地には、大伴神主家の墓があります。

手前に歴代の神主の墓、奥はお坊様の墓です。

 

鳥居が浮き彫りになった珍しいお墓です。

 

奥のお坊さんの墓所です。

 

この日は梅がとても綺麗でした。

 

境内からでもいけるけど、浄光明寺を出て左に山頂に向かう階段があります。

稲荷大明神です。

浄光明寺の鎮守でしょうか。

 

以下の写真は、Canon EOS Kiss x7による、2018年以前のものです。

 

入り口にある碑の冷泉為相は、『十六夜日記』の著者阿仏尼の息子で、和歌の名門家を立てたそうです。

裏山に墓と伝えられる宝篋印塔があります。

あったかなぁ(笑)?

 

 

客殿です。

 

境内右奥、山の上に鳥居が見えます。

そこから見た境内もご紹介します。 

 

2016年10月7日、二十四地蔵尊の御朱印をいただいてきました。

相変わらず、美しい、美しい御朱印で満足です。 

 

鎌倉十三佛、三十三観音の御朱印です。


 

二十四地蔵尊の御朱印です。


 

この地図は、鎌倉十三佛のお寺をマークしています。

 

この地図は、鎌倉三十三観音のお寺をマークしています。

 

この地図は、鎌倉二十四地蔵尊のお寺をマークしています。