常栄寺 〜ぼたもち寺

宗派 日蓮宗
山号・寺号  慧雲山常栄寺

創建

慶長十一年(1606年)
開山(寺院を開創した僧侶)

日詔上人

開基(寺院を創立すること、それをした僧) 日祐法尼
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 三宝祖師 
住所 鎌倉市大町1-12-11
アクセス 鎌倉駅東口より徒歩8分
拝観時間 9時〜17時
拝観料 無料

 

ぼたもち寺として有名な、常栄寺です。由来は、文久八年(1271年)、日蓮上人が多くの警護に囲まれ、引き廻しにあっている途次、この地の桟敷尼が上人の前に進み、胡麻の餅を捧げたという美談にあります。

 

桟敷尼夫婦の墓です。桟敷尼は、比企能員夫人の姉と言われています。

夫は六代将軍宗尊親王の家臣、印東次郎左衛門尉祐信という人物だそうですが、資料では日蓮宗の信者の兵衛左衛門だされています。

 

「これやこの 法難の祖師に萩のもち ささげし尼が すみしところ」と書かれた碑です。