補陀落寺 〜材木座の真言宗のお寺

宗派 真言宗大覚寺派
山号・寺号  南向山帰命院補陀落寺

創建

養和元年(1181年)
開山(寺院を開創した僧侶)

文覚上人(伝)

開基(寺院を創立すること、それをした僧) 源頼朝(伝)
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 十一面観音菩薩
住所 鎌倉市材木座6-7-31
アクセス 鎌倉駅東口より徒歩21分
拝観時間 〜17時
拝観料 志納

 

鎌倉三十三観音霊場 第十七番札所 十一面観世音 

ご詠歌 みほとけの ちかいもふかき 海原の ひろき世にしく 慈悲のおしへは

 

1181年(養和元年)に源頼朝の祈願所として建立された補陀落寺は、たびたび竜巻に襲われたため、別名「竜巻寺」と呼ばれているそうです。平家滅亡の折に平宗盛が最後まで持っていたと伝えられる、鎌倉では珍しい「平家の赤旗」が残っているお寺としても有名です。

「補陀落」、「ふだらく」って観音菩薩が住む山のことだそうですね。サンスクリット語の音を漢字に当てはめたものだそうです。

 

 

境内にある樹齢150年と言われるサルスベリの木が見事です。 


鎌倉三十三観音の御朱印です。

 

この地図は、鎌倉三十三観音のお寺をマークしています。