銭洗弁財天宇賀福神社 〜鎌倉五名水

 

鎌倉五名水の一つ、銭洗弁財天宇賀福神社(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)です。

 

祭神は、本宮が市杵島姫命、奥宮が弁財天。

 

巳の年の文治元年(1185年)、巳の月、巳の日、源頼朝に宇賀福神の夢のお告げがありました。

「西北の谷に湧き出す霊水で神仏を供養せよ。天下は泰平になるであろう。」

お告げの通りにこの地に湧き水あったので、宇賀福神を祀り、その水で神仏の供養を行ったことが、創建の由来だそです。

 

13世紀半ば、五代執権北条時頼は、金銭をこの水で洗い清めると己の心身を清められ、行いを慎むと不浄の塵埃が帰依、清浄の福銭になると人々に勧め、自ら率先して清め、一族の繁栄を祈ったそうです。

 

いつしか、この湧き水でお金を洗って使うと、何倍にもなって帰ってくると信じられています、意味変わってるなぁ(笑)。

 

本宮です。

 

奥宮です。

 

この地図は、鎌倉 神社をマークしています。

 

この地図は、鎌倉五名水をマークしています。

コメント: 0