永福寺跡 〜源頼朝創建三大寺院〜

 

2017年12月6日の永福寺跡です。

 

永福寺跡は鎌倉宮を左に、道をまっすぐ進み、テニスコートの先にあります。

1192年(建久3年)に源頼朝が奥州平泉の中尊寺や毛越寺を模して建てた寺院だったそうです。

現在はの跡地は国の指定史跡となっています。

本堂だった二階堂は地名として残されています。

跡地の奥の獅子舞は紅葉の名所で有名ですね。

源頼朝が建立した三大寺院(他は鶴岡八幡宮、勝長寿院)の一つで、まず、1192年に二階堂が完成し、翌年には阿弥陀堂、その翌年には薬師堂が建立されたそうです。

1405年(応永12年)に炎上し、その後衰えたものと考えられているそうです。

 

すぐそばにある、通玄橋です。

この道をまっすぐ進むと、瑞泉寺にたどり着きます。