八雲神社(大町) 〜鎌倉最古の厄除け神社

 

鎌倉最古の厄除け神社、大町の八雲神社です。

 

鎌倉に四つある八雲神社の一つ、大町の八雲神社は、後三年の役の時、源義家の弟、新羅三郎義光が京都祗園社の祭神を勧請したのが起源といわれています。

牛頭天王を祀る祇園信仰の神社として鎌倉幕府の誕生以前から続く長い歴史を持っているそうです。

鳥居の注連縄と赤い旗が印象的な神社です。

境内に新羅三郎の手玉石があります。 

持てないって(笑)。 

 

 

以下の写真は、Canon EOS Kiss x7による、2018年以前のものです。

 

以下の写真は、Canon EOS Kiss x7による、2018年以前のものです。

 

以下の写真は、2017年11月7日に参拝した時のものです。

 


この地図は、鎌倉 神社をマークしています。