寸松堂

 

江ノ電和田塚からすぐのところにある、寸松堂です。

国登録有形文化財。

1936年(昭和11年)に鎌倉彫の彫師佐藤宗岳氏の店舗併用住宅として、市内の大工である西井喜一、正二親子によって建てられた建築物です。1階店舗部分のガラス 戸、ショーウインドーなど近代洋風建築な感じ、道路を挟んで離れてみると、寺院建築と城郭建築が合体したような建物で、目を引きます。

伺ったこの時は修繕中らしく、あれれ?な感じでした(笑)。

寸松堂は建築当初から 笹目町、長谷界隈のランドマークとしての重要な役割を果たしているそうです。

って、このあたりが笹目町っていう地名だって初めて知った(笑)。

コメント: 0