染屋太郎時忠屋敷跡

 

由比ヶ浜駅脇道を鎌倉文学館方面にまっすぐ、左手にあります。

染屋太郎時忠という人は、藤原鎌足の子孫で、奈良の東大寺を開いた良弁の父で、関東八カ国の総追捕使という関東一帯を取り締まった人で、甘縄神明神社を立てた人らしいのですが、長者伝説の一つで実在の人物かどうかは分からないらしいです。