称名寺 〜今泉の浄土宗のお寺

宗派 浄土宗
山号・寺号  今泉山一心院称名寺

創建

承安五年(1175年)
開山(寺院を開創した僧侶)

空海(伝承)

開基(寺院を創立すること、それをした僧) -
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 阿弥陀如来
住所 鎌倉市今泉4-5-1
アクセス 鎌倉駅東口より鎌倉湖畔循環バス、今泉不動下車徒歩5分
拝観時間 8時半〜17時
拝観料 無料

 

鎌倉市今泉の奥、鎌倉幕府の歴代将軍の信仰を集めた称名寺です。

九十九谷と言われる山々に抱かれています。

同じ場所(本堂奥の石段を登ったところ)に今泉不動があります。

 

入り口の石塔は称名寺と今泉不動が仲良く並んでいます。

 

一番手前が、鼻高地蔵、六体の石地蔵が並びます。 

 

勢至丸像です。勢至丸は浄土宗の開祖法然の幼名だそうです。

 

本堂です。

 

今泉不動への入り口です。

 

くぐってすぐ右手に、男滝・女滝への石段があります。

 

苔むした石段を降りた左手に女滝があります。

 

右手に男滝です。

 

今泉不動に向かいます。 

 

石段の途中にある地蔵様です。

 

今泉不動です。 

 

大日如来を中心に三十六童子が並びます。

大日如来は不動明王のもう一つの姿、童子は菩薩に従う人々を表したものと言われているそうです。