乱橋(みだればし) 〜鎌倉十橋

 

若宮大路の東側平行道路の小町大路の水道路の交差点を過ぎ、横須賀線踏切手前にある乱橋、鎌倉十橋のひとつです。

新田義貞が鎌倉に攻め入った時、幕府軍がこの辺りで乱れ始めた場所であることから「乱橋」と名付けられたと伝えられます。

現在は川はなく(暗渠になっています)、石碑と橋の名残だけがあります。