扇谷上杉管領屋敷跡

 

英勝寺の前の横須賀線踏切を渡ってすぐ近く、扇谷上杉管領屋敷跡の碑があります。奥にでかい護国寺があるので見逃しがちです。

 

1336年(建武3年)に足利尊氏が室町に幕府を開いた際、鎌倉にも鎌倉府を設け、子の基氏を鎌倉公方として最高責任者として派遣しました。その補佐役が関東管領(管領)で、初代は上杉憲顕と高師冬。

 

室町時代に上杉某がこのあたりの地に住み、扇谷殿と呼ばれるようになったことから、元々のこの辺りの呼び名、亀ヶ谷という名に代わり扇ヶ谷という名になったのだそうです。

コメント: 0