大江稲荷 〜大江広元を祀る神社

 

十二所、光触寺先の道をしばらく行った左手、急な階段と連立する鳥居が見えます。

源頼朝の側近で、鎌倉幕府の政所初代別当を務め、鎌倉幕府創設に貢献した大江広元を祀る神社です。

 

源平の戦いでは大活躍だった源義経は、後白河法皇に近づき過ぎて、源頼朝に無断で任官されるなどして、鎌倉の兄・源頼朝の不興をかってしまいます。1185年(元暦2年)に壇ノ浦で平家を滅ぼした義経は、捕らえた平宗盛父子を護送して、鎌倉へ凱旋しようとしましたが、頼朝は鎌倉に入ることを許しませんでした。困り果てた義経が萬福寺で頼朝の側近・大江広元に送った書状が腰越状です。