大江廣元邸址

 

源頼朝の側近で、鎌倉幕府の政所初代別当を務め、鎌倉幕府創設に貢献した大江広元の屋敷跡の碑です。

十二所の明石橋交差点の民家に入る細い道の傍にありますが、非常に分かりにくいし、知らないとたどり着けないですね。

 

すぐそばの明王院傍の道から天園ハイキングコースにいける所がありますが、その山道をしばらく行った所に、大江広元の墓と言われる層塔があります。また、大江広元を祀った大江稲荷も近いです。