日蓮乞水(にちれんこいみず)

 

1253年に鎌倉に向かう日蓮上人が急に喉の渇きを覚えて、その地に杖を突き刺すと水が湧き出たという伝説の井戸で、鎌倉五名水の一つです。鎌倉方面から、JR横須賀線の名越踏切を越えてすぐ左手に「日蓮水」の碑があります。

そのまま線路沿いを少し歩くと日蓮乞水が見えてきます。

 

こちらは、碑です。

 

日蓮乞水はこちらです。