日米海底通信史跡

 

一の鳥井そば、元NTTがあった建物の前に、「日米海底通信の史跡」があります。史跡の横に、沿革が書いてあります。

明治39年8月に川崎を陸揚地として海底ケーブル通信が開始されたこと、 12月には東京越中島に陸揚地が変更されたこと、昭和6年5月に鎌倉に陸揚地が変更、通信中継所が設置されたこと、昭和18年4月に海底通信が終止したことなどが書かれています。

 

鎌倉の尽きない魅力の一つでもありますね。