護良親王の墓 〜二階堂〜

 

2017年12月6日に参拝してきました。

紅葉・黄葉が美しい。

 

鎌倉宮から永福寺跡に向かう道の右手、護良親王の墓があります。

妙法寺の山頂にもあります、どれが本物か分からないけど。

1335年(建武2年)、足利尊氏の直義が、淵辺義博に命じ護良親王を殺害したとされ、護良親王は義博の刀を噛み折り、死んでもなお放さず、恐れをなした義博が首を捨てて逃げ去り、捨てられた護良親王の首は、理智光寺の住僧によって葬られたと伝えられています。

で、墓のある場所のそばに理智光寺の碑があるわけですね。

 

こちらの石段は、勾配が急で長いので、なかなか登りきるのは大変です。

途中でやめるわけにもいかないし。

足腰に自信がないなら、やめたほうが無難です。

 

この日(2016年12月19日)は紅葉が見事でした。

 

登りきると、こんな感じでお墓があるようです。

門が閉ざされていて、近くからは参拝できませんでした。