文覚上人屋敷跡

 

岐れ路から金沢八景方面に150mほど先の信号を右に、大御堂橋を渡るとすぐに、文覚上人屋敷跡の碑があります。

大御堂橋の下を流れる滑川はかつて座禅川と呼ばれていました。

文覚上人の屋敷がこのあたりにあり、文覚が座禅を組んだのがその名の起こりだ言われているそうです。

コメント: 0