導地蔵堂

 

鎌倉二十四地蔵の一つで「極楽寺地蔵」とも呼ばれています。

極楽寺に入る極楽洞の橋のたもとにある民家のようなこの地蔵堂は、文永四年(1267年)に極楽寺の忍性が運慶作である地蔵像を安置したのがそのはじまりであると言われています。現在の地蔵像は室町時代の作だそうです。

 

古くから、極楽寺近辺では、この地蔵の視野の中に入る場所なら子どもに災難が起きないと言われ、生まれてまもない子の宮参りの帰りに、この地蔵に赤飯を供えて子の安全・成長を祈る風習になっているそうです。

つまり、子育てに霊験あらたか、そこで「導地蔵」と呼ばれてきたそうです

 

外にはこんなお地蔵様もあります。