熊野神社 大船の鎮守

 

大船の鎮守杜、祭神は日本武尊命(やまとたけるのみこと)です。

 

六国見山の麓にあり、別当寺として建てられた多聞院と同じ敷地(すぐ隣)にあります。

熊野神社は、1569年(天正7年)に後北条氏の家臣である甘槽佐渡守平朝臣長俊(甘粕長俊)により勧請されたそうです。

 

境内に入ると、神社そのものが迎えてくれる「気」がします。

絶対何かいます(笑)。