高徳院 〜阿弥陀如来

宗派 浄土宗
山号・寺号  大異山高徳院

創建

暦仁元年(1238年)
開山(寺院を開創した僧侶)

-

開基(寺院を創立すること、それをした僧) -
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 阿弥陀如来
住所 鎌倉市長谷4-2-28
アクセス 長谷駅より徒歩7分
拝観時間 4月〜9月(7時〜18時)、10月〜3月(7時〜17時半)
拝観料 大人200円、子供150円

 

露座の大仏、阿弥陀如来像で知られる高徳院です。

 

鎌倉三十三観音霊場 第二十三番札所 聖観世音

 

入り口の仁王門です。


大仏様です。


大仏様、後ろ。


大仏様、中。


大仏様の中から見た背中の窓。


大仏様の中から見た頭の部分。

 

大仏様の背後にある蓮弁です。

全部で4枚。

江戸中期に蓮台の製作を企図して鋳造され、当初全32枚の製作が予定されていた蓮弁のうち、完成したのが4枚、表面に寄進者の名前が刻まれています。

 

大仏像に向かって右手に藁草履がかけられています。

長さ1.8m、幅0.9m、重量45kg。

1951年、「大仏様に日本中を行脚し、万民を幸せにしていただきたい」と願う、茨城県久慈郡(現常陸太田市松栄町)の子供達によって始められ、その後も3年に一度巨大な藁草履の制作、寄進を続けているそうです。


礎石です。

創建当初に大仏像を収めていた堂宇は60基の礎石に支えられていたとのことです。

今も境内に遺る同礎石は56基だそうです。

なんだか分からないで腰を下ろす方多し(笑)。

 

大仏様の奥、観音堂手前にある、与謝野晶子の歌碑です。

かまくらやみほとけなれど釈迦牟尼は 美男におわす夏木立かな

と歌われています。


観音堂です。

 

星野立子の句碑です。

大佛の冬日は山に移りけり

と刻まれています。

 

2016年3月28日に参拝した時の写真です。

大仏様の外・中の掃除が終了した後ということになります。

綺麗になってましたよ。

 

中も綺麗になっていましたね。 

 

大仏様の右から奥に進むとある石塔の中に小さな小さなお坊様の像があります。

 

以下の写真は、2017年2月25日に参拝した時のものです。

 

鎌倉三十三観音の御朱印、六阿弥陀の御朱印です。


 

この地図は、鎌倉三十三観音のお寺をマークしています。