光触寺 〜塩嘗地蔵と一遍上人像

宗派 時宗
山号・寺号  岩蔵山(がんぞうざん)高触寺

創建

弘安二年(1279年)
開山(寺院を開創した僧侶)

作阿上人 

開基(寺院を創立すること、それをした僧) 一遍上人
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 阿弥陀三尊
住所 鎌倉市十二所793
アクセス 鎌倉駅より徒歩40分
拝観時間 10時〜16時
拝観料 無料

 

滑川上流の十二所の奥にある、塩嘗地蔵と一遍上人の像で有名な光触寺です。

 

御朱印をいただく際、住職が鐘をつき、短くお経を唱えてくださいます。

感動しますね。

 

鎌倉三十三観音霊場 第七番札所

鎌倉二十四地蔵尊 第五番札所 塩嘗地蔵尊

 

2018年1月29日に参拝しました。

写真は、Canon EOS 6D MarkII Canon 24-105mmF/4L IS II USMによるものです。

 

一遍上人の像です。

 

塩嘗地蔵です。

 

以下の写真は、Canon EOS Kiss x7による、2018年以前のものです。

 

橋を渡った奥にあります。


境内で最も目立つ時宗の開祖・一遍上人の銅像です。

近くで見ると、ど迫力です。


塩嘗地蔵です。

昔、鎌倉に来た塩売りが、商いの初穂として塩を備えたところ、帰りには塩がなくなっていたことから、お地蔵さまが嘗めた問いう言い伝えからこの名がついたそうです。


(奥深くまでは入れませんが)境内は、緑や花も多く、大変落ち着くお寺です。

 

以下の写真は、2016年11月10日に参拝した時のものです。

 

鎌倉三十三観音、二十四地蔵尊の御朱印です。


 

この地図は、鎌倉三十三観音のお寺をマークしています。

 

この地図は、鎌倉二十四地蔵尊のお寺をマークしています。