光照寺 〜クルス紋

宗派 時宗
山号・寺号  西台山英月院光照寺

創建

不詳
開山(寺院を開創した僧侶)

一向上人

開基(寺院を創立すること、それをした僧) -
本尊(本堂に安置され最も尊重されている仏像) 阿弥陀三尊
住所 鎌倉市山ノ内827
アクセス 北鎌倉駅より徒歩5分
拝観時間 9時〜17時
拝観料 無料

 

北鎌倉駅から鎌倉駅方面の反対を5分ほど歩くと、左手奥に光照寺があります。

時宗の開祖一編上人が念仏布教のために鎌倉に入ろうとした時、執権北条時宗の警護の武士に阻まれ野宿した地に建立されたと言われるお寺です。山門に、キリスト教の十字を意味する「クルス紋」が掲げられ、隠れキリシタンを受け入れていた伝承も残されています。 

 

クルス紋です。 


山門右手に、子育て地蔵があります。


「咳(せき)」の神様として知られるおしゃぶきです。お参りするとお年寄りや子供の咳が止まると言われています。


本堂です。

 

境内裏手にある、阿弥陀如来です。 

 

その阿弥陀如来を背に見た、北鎌倉の山並みです。