一条恵観山荘

 

浄明寺の青砥橋バス停から鎌倉駅方向に少し歩くと左手に一条恵観山荘があります。

御陽成天皇の第九皇子で、摂政・関白を務めた一条恵観によって営まれた山荘だそうで、往時は京都西賀茂の里山に建つ一条家別邸の離れだったそうです。

恵観公の没後、一条家から分かれた醍醐家がその別邸を継承し、昭和34年に鎌倉の地に移築され、昭和39年には国の重要文化財に指定されたそうです。

この日は閉まっていました。

用はないけど、入ってみたい(笑)。