北条時房邸跡・小池民部屋敷跡

 

二の鳥居から若宮大路を鶴岡八幡宮方面に向かってすぐ左、小池小路(てんぷら大石が目印)を入ると、突然、北条時房邸跡・小池民部屋敷跡の碑が現れます。

攝津守小池民部大夫藤原久時という人は、源頼朝の招請に依り鎌倉に下向し、この地に住んでいたそうです。

代々、鎌倉神楽の伝承家として鶴岡八幡宮の社官だったそうです。

後年に、数代の間、相模守連署六波羅探題北条時房(執権北条義時の弟)一族の居館となったんだそうです。

 

それはいいんだけど、どうして鎌倉幕府将軍の事を記した案内がここにあるのかが分からないですよね。