畠山重保邸阯 〜六郎様

 

一の鳥居のそばのタブの木の傍に大きな宝篋印塔が経っています。

鎌倉時代の武将畠山六郎重保の墓です、土地の人は「六郎様」と呼び、せきの神様として信仰しています。

この墓の近くが畠山重保の屋敷跡と言われています。父は、畠山重忠。頼朝が亡くなり実権を握った北条氏に邪魔者にされ、北条時政の命により子の北条義時により親子とも討ち取られたそうです。