大慈寺跡

 

十二所・明石橋傍の小道の住宅角に残る大慈寺跡の石碑です。

大慈寺は、三代将軍源実朝が父源頼朝への感謝のために創建を開始した寺院で、勝長寿院の「大御堂」に対して「新御堂」と言われます。かなり大きな寺院だったようです。

実朝は宋の能仁寺から仏舎利(釈迦の歯)を請来して、勝長寿院に安置、その後、大慈寺に納められ、のちに北条貞時によって円覚寺に移され、現在は、円覚寺の正続院の舎利殿に納められているそうです、見れないけど(笑)。